株式会社パンジー
株式会社パンジー
株式会社パンジー
株式会社パンジー/オフィシャルサイト
株式会社パンジー/コンテンツ
Home > 採用情報 > メッセージ
株式会社パンジー/home
株式会社パンジー/メッセージ
株式会社パンジー/イメージ
株式会社パンジー/パンジーの「いま」を支える人たちから、「未来」を支えるあなたへのメッセージ。
現在までのパンジーを作り上げてきたものは、何だったのか。そしてこれからのパンジーを築いていくためには、何が必要なのか。ここでは会社を長らく率いてきた社長と、現場の全てを知る先輩たちが、その胸の内を語ります。もしもあなたが当社に興味を抱き、将来の選択肢のひとつとして考えて下さるのなら、このメッセージは大きな参考になるはず。じっくり「求められるもの」を理解した上で、ぜひ一緒にこれからに向けた組織づくりに挑戦していきましょう!
株式会社パンジー/トップメッセージ
株式会社パンジー/社長
株式会社パンジー/株式会社パンジー代表取締役社長・近藤信幸
株式会社パンジー/自ら価値を創造する、積極的な姿勢。それが当社の基盤を形づくってきた、全ての基本です。
 昭和35年、ヘアカーラーにフロック加工を施し、従来品にはないフィット感を追求しようとした時点から。私たちパンジーは常に「他が手掛けていない事」を実現する事を企業の存在意義とし、様々な分野への市場開発を続けてきました。そのプロセスにおいては無数のオリジナル技術が発生し、多くの実用新案登録を取得するなど、私たちは「オリジナリティ」によって、その企業基盤を固めてきた歴史を持っています。
 営業活動についても同様で、その基本姿勢は完全な開発型。すでにあるモノを売るという形ではなく、持ちうる技術でいかにお客様の課題を解決していくかを考え提案する、コンサルティング営業がパンジーのスタイルとなっています。
もちろん今後も、この基本姿勢が揺らぐ事は決してありません。ニーズを的確に把握し、そこに応えられる製品と技術を、自らが創り出していく。絶え間のない技術革新こそが、パンジーではそのまま事業活動となるのです。こうした組織を引っ張っていくのは、やはり「若い力」です。現状に囚われず、発展的に物事の挑戦していく前向きな姿勢。そうした皆さんの存在によって、パンジーという企業はこれからも、独自の存在価値を高め続けていくのです。
株式会社パンジー/スタッフメッセージ ↑このページのトップへ
株式会社パンジー/第一工場リーダー
株式会社パンジー/第一工場リーダー・土井清孝
株式会社パンジー/データや数字だけでは、全ては見えて来ない。スタッフのセンスを活かした製品づくりが重要となる。
 当社と全く同じ事業を手掛けている企業は、全国的にも数多くはありません。それだけに働いていても「安心感」というものはありますね。ただし「他にはない」事業を手掛けているからこそ、製品に対する責任は非常に大きいんです。他者には代替できない存在であるからこそ、トップの品質を提供し続けていかなくてはならない。そうしたプレッシャーは感じますね。ましてやフロック加工品とは、多分に職人的な判断を求められる難しい製品です。想定通りの結果が出た時などには、単純に充実感を感じますね。
ある意味私たちの製品とは「アート」なんですよ。主力分野である化粧用品は、女性の美しさを引き出していく役割を担っています。私たちにもまた、ユーザーが何を求めているかをしっかりと把握し、そこに応えていける「作品」を創り続けていく事が求められるんです。データや数字だけで、すべてが表わされるワケではありません。スタッフそれぞれの持つ「センス」に基づいた製品づくりもまた、パンジーに求められる機能なんですよ。私自身も技術的な知識はもちろん、市場を捕らえるセンスを磨く事には、日々努力しているつもりですよ。
株式会社パンジー/第一工場生産リーダー
株式会社パンジー/第一工場生産リーダー・中村潤
株式会社パンジー/自らが新しい技術を生み出していく。そんな可能性さえ、パンジーは感じさせてくれる。
 例えば「昨日と同じ製品」を作る際に昨日と全く同じ手順を踏んでも、製品の仕上がりには微妙な違いが生まれてきます。加工時の温度や湿度、また原料の品質など、あらゆる細かな要因が最終的な品質の差に表れてしまう。フロック加工とは、それだけデリケートな技術なんですよ。それだけに現場のスタッフには、多くの判断が任されてきます。今までと同じ事を続けるのではなく、常に一歩先を目指した取り組みが求められる。そこにこの仕事の面白さと厳しさがあるんですね。また個々の加工技術だけではなく、製品そのものの展開分野も大きく広がっていますから、技術的に身に着けていくべき事柄も多くなってきていますね。
 まずは先輩が築き上げてきた「品質に対する信頼」を守り続ける事は、自分にとっての大きなテーマです。しかしその先には、「自分が主導してエポックメイキングな技術を確立したい」という大きな夢もあるんですよ。自らが市場をリードしているパンジーでなら、きっと実現できるテーマだと思いますよ。バリバリの理系でなくても良いんです。柔軟な発想や取り組みが、大きな成果に繋がる。そんな可能性を、この会社は感じさせてくれますね。
 
↑このページのトップへ
株式会社パンジー/home
株式会社パンジー/お問い合わせ 株式会社パンジー/個人情報の取り扱い